« 1/22 Dinner | トップページ | 1/23 Dinner »

2009年1月26日 (月)

銀座飛雁閣

FA特別講座、「銀座飛雁閣」にて開催された『オリジナル紹興酒3種と特別料理を味わう会』に参加して参りました~!
マンダリンオリエンタルやペニンシュラの高級中華レストランなどに食材を卸す「亜細亜食品㈱」直営のお店でもあり、食材への拘りはもとより科学調味料を一切使わない等、妥協を許さない本物だけを味わえる完全予約制の優れた名店なのです!

店内に足を踏み入れると、惜しげも無く大変貴重な装飾品の数々がそこかしこに飾られており、なんとも贅沢な空間です。
Imgp9544 マイセン!

卓上のセッティングをパチリImgp9535

では、豪華な特別ディナーをご紹介しますね~

「9種の前菜盛り合わせ」
Imgp9556
上の真ん中は同店の誇る拘りアワビ!!右上のタコを揚げたものはエスニック風味でサクサク。中央のクラゲは弾力があり、ぷりっぷりっ。その左手は薩摩黒豚をタレに漬け込んだチャーシューですが、2008年モンドセレクション金賞受賞です!とても滋味溢れる美味しさ♪ピータンの味もかなり濃厚。右下のフォアグラは中華料理では珍しいですよね~大好物なので嬉しい♪
素材&調味料、調理への拘りを感じながら一つ一つをじーっくりと味わいました。



「特製極薄皮ショウロンポウ」
Imgp9566
薄皮でギネスに挑戦中だそう。残念ながら、2つとも口に運ぶ前に皮がちょこっと破れてしまいましたが・・・、すぐさま残った肉汁スープをしっかりと口に運びます。肉汁の旨みが溢れんばかりに広がりました(笑)美味!

「車海老のマヨネーズ風味 フレッシュフルーツ入り」
Imgp9570
高級「海老マヨ」ですね。リンゴ・マンゴー・キウイ・イチゴがマヨネーズにからまりなんとも上品な風味。特にイチゴとマヨネーズの組み合わせが想像以上に美味しく、これは新しい発見でした。

「ローストダックのオレンジソース添え」
Imgp9576
カリカリの皮の下には肉厚でジューシーながらも、驚く程に柔らかなお肉。甘いながらもピリッと唐辛子の効いたオレンジソースがまた良し!

「肉厚椎茸と伊達鶏のさっぱりスープ」
Imgp9582
約8時間煮込んだという旨みたっぷりの透きとおるスープは全身に行き渡っていくような感じがしました。

「伊達鶏のアワビ煮汁混ぜご飯」
Imgp9589
同店が最も拘る干しアワビの出汁がしっかりとご飯一粒一粒に絡まり、旨み満載!万歳!広東風の味付けだというザーサイも美味。

「二種のデザート」
Imgp9596
コチラ、どちらも温かいデザートなんですょ~!タピオカ入りココナッツミルクとシロップに浮かんだ黒胡麻あんの入った茹で団子。

全体的にモダン&彩りも考慮されている盛り付けやクドサを感じない味わいは、既存の中華のイメージを払拭させる素晴らしいものでした。又、これだけ豪華なコースを頂いたのにも関わらず、カラダに負担がかかっていないというより、むしろカラダに良いものを取り入れた!という爽快感さえ感じる後味の良い中華でした。


さてさて、肝心の紹興酒。
10年・20年・30年ものの飛雁雅酒(ひがんがしゅ)と10年・20年ものの古越龍山(こえつりゅうざん)と普通の紹興酒、計6種をいただきました。
Imgp9531
実際に飲み比べてみると、それぞれの持つ香りと味わいの違いは明らかです。やはり、お食事との相性は抜群です!

一番気に入ったものは、30年ものの飛雁雅酒です。角のとれた香りとまろやかながらも深い味わいに魅了されました~☆余韻も素晴らしい!(ちなみに1本、\63,000也)
Imgp9575
今まで紹興酒に対して苦手意識がございましたが・・・いやはや、その思いはすっかり払拭されました(笑)

医食同源を唱える中国のお酒ですから、その考えは紹興酒にも当てはまります。
特に「食品のオリンピック」とも言われるモンドセレクションにて金賞を受賞したという飛雁雅酒は、アミノ酸が約20種も含まれるなど大変カラダにも良いお酒なのです。今回はクリスタルダルクとリーデルでいただきましたが、紹興酒を飲む際はワイングラスでいただくことをオススメされていました。ちなみに紹興市で作られたものだけが、紹興酒といわれるのだそう。



ただただ口に運び「美味しい!」といただく純粋さも勿論、大切ですが・・・やはり、少々の知識を蓄えておきながら何でもいただく方がワンランクアップした味わいを得られるのだなぁ~と改めて感じ、ますます「食」への関心が高まる一夜となりました。


■銀座飛雁閣 ⇒ http://www.higankaku.com/

|

« 1/22 Dinner | トップページ | 1/23 Dinner »

レストラン」カテゴリの記事

コメント

 前夜はご来店賜り、誠に有難う御座居ました。
 ご丁寧なブログを拝読させて戴きました。一つ、どうしても気になって、大変遅ればせながら、メールを差し上げます。小籠包の件です。当方の調理不良かも知れず、大変申し訳なく存じて居ります。此れからは何なりとお申し付け下さい。直ぐ作り直します。小籠包は皮がイノチです。破れてしまっては何の値打ちもありません。次回のイヴェントには是非ご参加下さい。

投稿: 銀座 飛雁閣 | 2009年4月13日 (月) 11時46分

コメントありがとぅございます!!

今回は残念でしたが…小籠包始め、お料理全般、とっても素晴らしかったです☆
イベントのみならず、またお邪魔させていただきますので、よろしくお願いいたします!

投稿: ☆Mayu☆ | 2009年4月14日 (火) 12時58分

この記事へのコメントは終了しました。

« 1/22 Dinner | トップページ | 1/23 Dinner »